競馬の時間

2018年06月09日

めざせオープン馬

まさか一口馬主で障害場を持つとは・・・
でもかなり飛越センスあるし、あんがいいとこイケるかも!

------------------------
■ウインカートゥーンの競馬場速報を更新しました。

【開催日】 2018年6月9日
【レース】 東京 4R
【着順】 2着
【速報内容】 小坂忠士騎手 前回は初戦ということで、自分も慎重に乗りましたが、実戦でいいところがありましたので、今日は自信を持って乗りました。飛越はほぼミスなしでしたし、勝負どころでズブさはあるものの、最後はしっかりと脚を使えるんです。今日は兄にうまく乗られてしまいましたが、弟のこちらもセンスは十分ですよ。次で決めたいと思います。





押田の目 半信半疑だった障害初戦がいい内容でしたし、そこからさらにデキが上向いていましたから、今日は勝利を大きく意識しました。ジョッキーも初戦とは違って積極的に乗ってくれましたし、カートゥーンも飛越にミスなく、直線でも長くいい脚を使ってくれました。障害2戦目で勝ち負けを演じられるのですから、センスは十分ですし、次でしっかり決めることができればオープンでもやれる可能性は十分にあるでしょう。今後については、このまま続戦の予定です。

jjj850 at 19:44|PermalinkComments(0)

2018年05月28日

上手く乗ったが神騎乗ではない

ダービーの福永騎手が神騎乗とか記事になっていたけど、よかったのはスタートと位置取りだけで序盤はちぐはぐで折り合いも微妙だったし最後の直線では逃げ切られる危険もあった。
100点満点の騎乗があり、その上に120点の騎乗があって神騎乗というのであれば、今回の福永騎手は70点がいい所だろう。馬の力で勝ったんだ。

神騎乗ってのは昔のスワンSでノースフライトが3着(忘れられない)だった時やマーチSのバンブーゲネシスの武豊や菊花賞のレオダーバンの時の岡部など、その馬の力を120%引き出した時に使われるともう。

記事を書いた人はそれほど詳しくないからだろうけど、何年も競馬を見ていればそれが会心の騎乗だったかどうかはわかるよ。

それより最高に仕上げた友道調教師の手腕のほうが素晴らしい。もう一頭も人気薄ながら4着と(余談だけどこのボウマンの馬が来ていたら2200倍の三連複300円的中だった)立派すぎる。
あとはダービーに似合う黄色と黒の勝負服。金子オーナーのツキ(相馬眼)も大きい。こんなにダービー勝つオーナーは今後も現れないだろう。


jjj850 at 17:46|PermalinkComments(0)

2018年05月13日

障害のドキドキ感たまらん

オジュウチョウサンとは言わない。
1勝して欲しい。
平地で1000万条件戦ってた馬だ、飛越さえ良くなれば1勝くらいは・・・

--------------
■ウインカートゥーンの競馬場速報を更新しました。

【開催日】 2018年5月13日
【レース】 新潟 5R
【着順】 5着
【速報内容】 小坂忠士騎手 練習では障害に対して後ろ向きで、跳ぶごとに遅れてしまっていたんです。ですので、今回はまずは実戦に慣れる意味でも自分も慎重になっていました。しかし、競馬に行くと思いのほか前向きで、障害にもしっかりと向かっていけていました。最後も追い上げるスタミナがありましたし、いい意味で裏切られた初戦でしたね。この感じなら、もっと自分が積極的に乗っていたらと思うほどですが、馬場に入ってからはテンションは高めだったので、今日は前半ソロッと出していったのはかえって良かったかもしれません。この実戦の動きなら、次は自信を持って乗っていけます。次走は楽しみだと思いますよ。





押田の目 障害試験もタイムは遅く、報告の中でも課題の方がたくさん挙げられていましたから、初戦は勝負に行くというよりは、まず慣れることが最優先という印象ではありました。まだ飛越もまったく問題なしというレベルではありませんが、しっかりと付いていけて、最後の直線で脚を伸ばした内容は評価していいでしょう。平地でもバテないスタミナはありましたから、慣れが見込める次走は大きく期待が高まります。今後については、権利内で続戦の予定です。


jjj850 at 13:23|PermalinkComments(0)

2018年02月09日

大負けしたことのない期待の愛馬が・・・

引退の危機。

3勝くらいはできると思ったんだけどな・・・

-------------
■ウインイクシードの近況を更新しました。
【更新日】2018年2月9日(金)
【近況】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。ウォーキングマシン、または坂路をキャンターにて1本というメニューを消化しています。
 担当者は「引き続き、休みを挟みながら、乗る日は坂路1本というメニューです。騎乗時間が長くなると、歩様にも出てくるように、今はペースアップできません。へこんでいる左肩は、今後も筋肉が戻らない可能性も考えられます」と話していました。

jjj850 at 17:59|PermalinkComments(0)

2017年12月25日

キタサンブラックの影で

キタサンブラックは強い馬だと思うけど、なんというか展開に左右されないという意味で強いという感じで過去にG1を7勝したウォッカやディープなんかとはチョット違う感じだった。

強いけど海外じゃ通じないだろうなみたいな。

そのキタサンブラックの影で障害がオジュウチョウサンがG1を4連勝。
ぶっちゃけこっちの方がある意味強くてまるでブロードマインドを見ているかの如く飛越も平地の足も超一流。
これだけの名馬、もっと注目されるべきと思うんだけど今一つ広がって無くて残念。
やっぱり競馬場行かないと分からないんだよね。障害は未勝利だってスゲーって思うし。

北島三郎オーナーはこれまで何十億も馬主としてお金すてて来たけど、最後の最後でプラスになったはず。種牡馬としてシンジケートがいくらになるかわからんけど20億~30億円くらいにはなるんじゃね?
それでプラスでしょ。

もっとも死んで天国にお金を持って行けるわけじゃ無いので、今更なんだろうけどさ。

jjj850 at 18:00|PermalinkComments(2)

2017年07月21日

見えない疲れってやつか

なんやかんや新馬戦から使い詰め。
一旦休んだほうがいいと思っていた。

また頑張ればいいさ。
イクシードは本格化すればオープンまでいける。ひいき目じゃなくパドックの迫力でそう思っている。

-----------------------------------

■ウインイクシードの近況を更新しました。
【更新日】2017年7月21日(金)
【近況】
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
担当者は「短期放牧で札幌での出走を考えていたので、放牧に出さずに、坂路ですぐに乗ったのですが、疲れからまったく前脚が出ず、坂路をまともに上がれませんでした。見た目にはぐったりしている様子もなく、疲れはないのかなと思いましたが、肉体的な疲れは相当あったようですね。この動きではすぐに入厩は無理だと判断し、昨日20日(木)から昼夜放牧に出しています。札幌開催では使わず、秋競馬へ目標を切り替えます」と話していました。

jjj850 at 17:42|PermalinkComments(0)

2017年06月17日

3着も大きい

イクシード、勝てそうな気配十分だったけどさすがに距離が長すぎたか。
最後は力尽き3着。

それでも複勝、ワイド、3連複が当たると元くらいは取れる。これがデカい。

しかし、函館は放送されないのは焦った。
慌ててGチャンネルに変えてレースの見逃さずにすんだけど。

今はなかなか勝ちきれないけど力は付けていると思う。
末脚は確実だし、展開次第で上のレースでも活躍できそう。成長力に期待だな。

----------
■ウインイクシードの競馬場速報を更新しました。

【開催日】 2017年6月17日
【レース】 函館 10R
【着順】 3着
【速報内容】 片山駿の目 函館への輸送で20キロほど馬体を減らしましたが、回復が早いのもこの馬の特徴で、プラス体重で出走できたのは良かったと思います。レース運びもおおむね理想的でしたが、今日は前が飛ばす縦長の展開で、イクシードの直後には人気馬が構える形でしたから、騎手心理としては自ら動く動きづらい部分もあったように感じます。ラストの止まり方だけが少し気になりましたが、それでも内容は変わらず優秀でしたし、もうこのクラスはいつ卒業してもおかしくない存在であることは確かでしょう。なお、今後も函館に滞在したまま、続戦の予定となっています。

jjj850 at 15:10|PermalinkComments(2)

2017年06月16日

ワンチャンあるぜ

相手関係次第だけど平坦な函館なら3角からまくりで一気に突き抜けられると見た。

-------------------
【出走日】 2017年6月17日(土)
【レース】 函館 10R 駒ケ岳特別 (混)
【コース・距離】 芝 2600m
【騎手】 松岡正海
【斤量】 53.0
【発走時刻】 14:50
【頭数】 12頭

【近況】
 今週の出走を予定しているウインイクシードは、先週末11日(日)にも函館Wコースで4F59秒2、ラスト1F12秒8という時計をマークしています。
 そして、昨日14日(水)には函館Wコースで最終追い切りがかけられました。丹内騎手騎乗の古馬500万下コスモアルヘナと、井上騎手騎乗の古馬500万下ジュアンマリエとの3頭併せで、松岡騎手騎乗のイクシードが真ん中を追走し、直線は楽な手応えのまま、コスモアルヘナと併入。ジュアンマリエには1馬身の先着を決めていました。
 鈴木伸調教師は「輸送で減った体はその後順調に回復し、484キロまで戻りました。最終追い切りも無事に終えたとの報告も受けていますし、順調に仕上がったと思います。滞在競馬なので、これ以上体を減らす心配もありませんし、53キロで出走できるのも大きいですよね。前走の負けは展開のアヤだけだと思っていますし、このあたりでなんとか決めたいと思っています」と語っていました。
 追い切り明けの本日15日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の函館土曜10R「駒ケ岳特別」芝2600mに松岡騎手で出走が確定しています。

jjj850 at 17:38|PermalinkComments(0)

2017年06月09日

函館ワンチャンあるか?

このローテだと7月の函館遠征で奇跡のウインイクシード出走があるかもしれない。
そしてカートゥーンにルメール再びとか激アツ!

-------------------------
■ウインカートゥーンの近況を更新しました。
【更新日】2017年6月8日(木)
【近況】
 前走快勝後は、栗東近郊にリフレッシュ放牧に出ていたウインカートゥーンが、先週末3日(土)に栗東・西園厩舎に入厩しています。
 今週は、昨日7日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半は馬なりで進み、後半から鞍上に促されしっかりと追われると、最後まで脚が鈍ることなくゴール板を駆け抜けていました。時計は4F52秒0、ラスト1F12秒7と好タイムをマークしていました。
 西園調教助手は「以前は稽古もあまり時計が出なかったカートゥーンですが、ここへ来て大きく変わってきましたね。宇治の担当者も『以前とは比べ物にならないくらい良くなっていた』と話していましたし、ステイゴールド産駒らしく成長力があるのでしょう。勝って同条件ですから、次走も期待しています」と話していました。
 そして本日8日(木)は運動のみで様子が見られていました。なお、次走は6月25日、阪神日曜7R芝2200mを引き続きルメール騎手とのコンビで予定しています。


■ウインイクシードの近況を更新しました。
【更新日】2017年6月15日(木)
【近況】
 先週2日(金)に函館競馬場へ移動を完了したウインイクシード。到着後も順調で、すぐに乗り込みを開始しており、昨日7日(水)、本日8日(木)はキャンター調整を行っています。
 鈴木伸調教師は「やはりと言いますか、輸送では20キロほど馬体を減らしてしまったようですが、到着後も体調自体に問題はないようです。20キロ減ったとはいえ、前走後は出発日までに10キロほど馬体が回復していたので、前走比で換算すると10キロほどのマイナスですから、あまり心配はしていません。もともとカイバ食いには全く不安のないタイプでもありますし、減った体もすぐに戻ると見ています。この後も順調なら来週のレースに向かう予定です」と状態を説明していました。
 なお、次走は来週の函館土曜10R「駒ケ岳特別」芝2600mを松岡騎手とのコンビで予定しています。


jjj850 at 18:52|PermalinkComments(0)

2017年05月27日

惜しかった

ほんと凡走の少ない馬だと思う。

今日は仕掛けが早かったけどあれでも十分。完全な良馬場なら抜けられたはず。
3歳重賞挑戦を考えるともうそろそろ勝って欲しいけど、今でも十分楽しめている。馬券にもなるし馬主孝行だ。

偶然でも函館出走と遠征が被ったらガチで馬主席行く。

--------------------------
■ウインイクシードの競馬場速報を更新しました。

【開催日】 2017年5月27日
【レース】 東京 5R
【着順】 3着
【速報内容】 松岡正海騎手 馬の状態は良かったと思いますし、向正面までは理想的なレース運びができました。ただ、3コーナー付近では、内側にいたミッキーロイヤルが外に張ってきたことで接触する不利がありましたし、早めに動かざるをえない展開になってしまったことが悔やまれます。本来ならあと150mぐらい追い出しを我慢したかったんですけどね。勝てる鞍だったのに、申し訳ありませんでした。


鈴木伸調教師 仕掛けが遅れた前走のことがあったので、ジョッキーもそのあたりを意識したのでしょうが、今日は直線入口で先頭に立ってしまったように逆に仕掛けが早くなってしまいましたね。今は馬の状態も良いですし、なんとか早い段階に2勝目を挙げておきたい馬なので、この後も続戦を予定しています。また、馬房の調整が付けば函館滞在も視野に入れていきます。


片山駿の目 叩き良化型タイプらしく、今週の追い切りの動きは休み明けの中でもピカイチでしたし、鈴木伸調教師も「絶好調」と状態に自信を持っていたように、好走条件は揃っていたと思います。今日は早仕掛けになってしまったことが敗因ですが、それでも3着に踏ん張ったように力のある競馬はしていますし、このクラスもあとはメンバーひとつで勝ち上がれるはずです。「将来性のある馬」と松岡騎手も能力を高く買ってくれていますし、ここでいつまでも足踏みしたくはありません。


jjj850 at 16:02|PermalinkComments(3)