いわゆる日記(月記)ですか

2017年08月19日

墜とせっこない

北朝鮮のミサイル発射につられて迎撃とか防衛とか騒ぐのはやめるべき。

発射場所と着弾ポイント、発射時間がわからなければ迎撃はほぼ無理。
TVで語られるような衛生軌道上で墜とすようなことはできない。

簡単言えばミサイルを点で捉えて迎撃することはできない。
線で捉えた場合に辛うじて迎撃の可能性があるだけなのだ。

今回の場合、北朝鮮がここから、いついつ、どこに向けて打ちますよーと宣言してようやく迎撃できる。
どれかが欠けてもどうにもならない。
情報が増えれば可能性は高まる。数パーセント程度だろうが。

北朝鮮がミサイルを不意に発射すれば迎撃できずその脆さを世界に晒す。
よってよほど条件が整わなければ迎撃行動には出られない。

どちらにしてよ発射されたら「口先だけの迎撃」がバレる。
そうならないように仕向ける、もしくは全部無視してここまでやったら宣戦布告と見なすと言う脅しをかけるしかないだろう。
まあ韓国のように無視しまくるのも有力。
どうせ金がなくなるだけなんだし、次の指導者を待つのも有効な手だと思う。

jjj850 at 18:30|PermalinkComments(0)

2017年08月18日

箱の小型化を

重さを変えることは簡単にはできないだろうけど宅配の箱はもっと小型化出来るはず。
箱を小型にすれば物流コストも下がるし宅配ボックスにも入れやすい。(大きさ制限がある)
今でも容積に応じた料金にはなっているけどあれをさらに細分化してより小型の箱を有効利用できるようになれば宅配は大きく変わるだろう。


さらに言えば再利用可能な宅配の箱などを開発してもいいと思う。
それを専用のワイヤーロックで玄関のノブにでもひっかければ宅配ボックスいらずかもしれない。
防水もかねて薄いビニール(プラスチック)をかぶせれば十分だろう。

ワイヤーロックは暗証番号で外す。あらかじめウェブサイトなどで与えられたコードでロックを開けるようにすればセキュリティ向上になる。

アホみたいにデカい段ボールで送るのはもうやめにして次世代の宅配を構築してほしい。


jjj850 at 17:48|PermalinkComments(0)

2017年08月17日

新しいフォーマットが欲しいところ

買うのは10月くらいだろうけど、一応ボチボチ2018年の手帳が出そろった感じ。

バーティカルが出始めたとき、ほぼ日の1日1Pが出たときなど衝撃だったけどここ数年は新しいフォーマットが無い。
サイズは特殊なモノにする必要は無いけどフォーマットはもっと攻めて欲しい所。
季節商品かつ継続利用する人が多いから無難な商品が多いのはよくわかるけど、一気の差別化をはかるならフォーマットの工夫が必須だろう。

A5 左のページが粗めのバーティカル、右は方眼かロジカルノートのようなフォーマット。
ノートは20P程度、路線図などは不要。スマホ所有率を考えたらそんなもんいらぬ。
月間のページなどいらないので1年分見開きのページを2セット入れてくれたらもうそれで十分。

バーティカルの部分は何時間で作ったとしても24時間使う人もいれば8時〜20時で十分の人もいる。
結局1年間誰もがデッドスペースを作ることになるため、それを何とかしたい。

どこに何の予定も書いていいように5ブロックくらいの箱にして欲しいけど、そうするとバーティカルの良さが消える気もするし難しいな。
いっそバーティカルは罫線を排除して、専用のテンプレートをつけてそれを使って枠を書くなど工夫したら便利かもしれない。

jjj850 at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年08月16日

凄いことを考えるヤツはいるもんだ

AIの書籍を読みあさっていても今一つビジネスとしてピンと来ていなかったけど、実際に成果を出した将棋や囲碁ソフトの開発者のインタビューは色々なことを示唆している。(将棋は機械学習をしていないが)
割愛するが考えていることが凄い。

シンプルなジレンマとしてたとえばAIで儲かる場所が見つかったとして、そこに大量の出店があれば逆効果になる。渋滞を逃れるルートに車が殺到すればそこが渋滞してしまうような状態。AIの普及で最大限発揮されたとしても渋滞が分散するだけで大差ないだろう。
まあ車の移動なら時間をずらすとか事故の予測などもっと別の活用のしかたがあるだろうけどAIの判断というは常にそういう状況を作り出す可能性がある。

またある判断をひたすら学習させて作られたAIは所詮その判断をした人のAIでしかなく、その判断が正解であるかどうかはわからない点。これがクリアできない。8割正解なら使うという選択肢もあるが、時間と共にその判断が正しいかどうかはわからなくなる。

まあ色々あるけど突き詰めるとCOMの性能はAIを構築できるレベルだとは思うが人間の発想が追いついていない。

将棋や碁というのは既にルールがあり、成果は目に見える。その成果に対して調整していけばいい。
実社会で役立つAI技術の活用は何にどう利用するかという点で創造性が必要となる。
そこにビジネスチャンスがあると自分は見ている。


jjj850 at 19:30|PermalinkComments(0)

2017年08月15日

ちょっと前のニュースだけど

蚊の好きな匂いが足の裏の常在菌を発見したのが高校生ってのがあって、別に高校生だからスゴイというわけでもないけど専門家でもない人が日常で着眼したことがスゴイと思う。
蚊の専門家自体は世界に数多くいてどんな匂いに反応するかなど散々調べていただろうに。高校生に一本取られるとは思っていなかっただろう。

自分は割と蚊に刺されにくいと思っており、虫よけスプレーとか一度も使ったことが無い。
血液型説もあったけど、あんなもん絶対違うと思っていた。
炭酸ガスがどうのこうのもあるし実際蚊は検知するだろうけど人は多かれ少なかれ出しており、差別化にはつながらない。
まさか足の常在菌とはね。
でもその程度の匂いで反応するなら、それこそ品種改良すれば「ガンを検知する蚊」とか生まれるかもしれない。ただ蚊の場合、産卵時のメスしか吸いに来ないので難しいとは思うけど。

世の中まだまだ知られていないことは多く優れた観察眼だけで今までの定説を全部ぶっ壊すこともある。それが解っただけでも非常に大きい刺激になる。



jjj850 at 17:39|PermalinkComments(0)

2017年08月14日

銭湯の業態

もともと公共性があるため(衛生に直接関係がある)組合の強い銭湯。
床屋なんかと同じでサービスの差別化が図れず風呂の普及と共に減り続けている。

もう昔のままでは生き残れないのは単に後継者がいないとかだけでは無いだろう。

とはいえ時代に合わせた形に替わればまだまだチャンスはあると思う。
特に都内はジョガーの基地として着替えから入浴までセットにするとかロッカーだけ時間貸しするとかビジネス的には結構やりようがあると思う。
デカいファミリー向けのスーパー銭湯にする必要など無くむしろ特定機能に特化したモノの方がいいだろう。
長時間楽しませるのでは無く、短時間で効率よく回転勝負。

駒沢公園や砧公園の横にでもあれば結構流行ると思う。
何せ毎日何千人も走っているし、競技場や体育館、テニスコートなども含めればとてつもない数の人がターゲットになる。

技術的な革新も欲しいところ。
全身を一気に乾燥させるドライヤーとか、脱衣所が水浸しにならないような仕組みなど。
最新設備はわからんけど技術革新は必要だろう。

なんにせよ現状は減る一方だと思う。
新たな業態にならないと続かない。


jjj850 at 18:00|PermalinkComments(0)

2017年08月13日

お盆玉・・・

どうやら里帰りして祖父母からもらう小遣いらしい。
孫に金渡さないと孫にも会えないってか。

自分は祖母から小遣い渡されるのが嫌いだったのでこんなシステムが普及したら多分ほとんど行かなかったと思う。
まあ人それぞれだろうけど。

人から施しを受けるのは子供の頃から気に入らず、それ相応の事をやった時の代償として貰わないとスッキリしない。
「何も欲しがらず可愛げがない」
というのは祖母にも言われたけど、実際なにも欲しがらなかった。
お年玉も最後に貰ったのは中2でそれ以降ゼロ。
こちらから拒否した。

そんな自分の感性だとお盆玉とか反吐が出る。
親族と会うのに金で釣るとか、あほくさ。その時点で親族じゃ無い。と思ってしまう。

jjj850 at 09:33|PermalinkComments(4)

2017年08月11日

お金がない

せっかくの夏休みなんだから旅行にでも行けば?と聞いたらリアクションが「お金がない」という。
まあ人の価値観はいろいろだからプライオリティが別のところにあれば「お金がない」のは仕方がないところ。

旅行なんてお金かけなくてもい行こうと思えば行けるだろうし、その辺も含めて価値観というところか。
若いうちにいろいろ旅行をしておくのは結構財産になると思うんだけど実は結構難しく、たまたま自分にはその環境があっただけなのかもしれない。


時間やお金って無駄にしようと思えばいくらでも無駄にできるし、活用しようと思っても活用できないことも多い。
二つの使い方が上手くないと人生楽しく生きられないような気がしている。
※健康であることは大前提


jjj850 at 17:34|PermalinkComments(0)

2017年08月09日

水素に全振りすべき

欧州の自動車産業がEVに傾く。
日本は燃料電池車に力を入れようとしている時代に。
ただ、この燃料電池の考え方は間違ってない。今は水素を作るのに莫大な電力を使うのではっきり言って効率悪いが水素を作るときに自然エネルギーを使い各家庭や各ビルなどで作るようになれば劇的に改善される。
運ぼうとするからコストがかかるのでガソリンスタンドや配送会社、バスの車庫などで作ればかなり効率的な運用ができるだろう。

日本の場合、いろいろな発電方法があるが主流は太陽光発電でよいだろう。
10年で半分の効率になるとか言われていたが実際は8割以上の効率が維持できることが解ってきていてさらに効率がアップできるらしい。今のモデルは寿命がさらに長い。
そこで電気を作り、水素も作る。蓄電みたいなもんだ。

不安定な部分はコンバインド火力発電で原発より効率よく発電すれば電気代も下がる。日本は政策としてここに投資するのが世界を牛耳れるチャンスだと自分は思う。

単なるEVはgoogleやamazon、appleの参入などあれば一発でやられる。
リチウムイオンバッテリー技術は日本はすでに遅れ始めている。原発など1.5世代古くもう新設することなどできない。

日本の生命線は燃料電池というのは一見夢物語だけど十分チャンスがある。

利権べったりと、その利権屋に騙されている輩には理解できないだろうけどね。


jjj850 at 17:34|PermalinkComments(0)

2017年08月06日

面白さに気がつく

CXの競馬番組とテレ東のウイニング競馬では同じ競馬番組でも面白さがまったく違う。
CXはクソつまらなくてウイニング競馬は最高のエンターテイメント。

王道はCXの方かもしれないけど、スタッフも出演者も本気で笑う、悔しがるシーンはなく、淡々と進んでいく。
ウイニング競馬の中心は予想コーナーであり、その結果に一喜一憂を全員でやっているところにある。パドックなんてBSの時にちょろっとやるだけ。
でもそれが楽しい。

なんで後者の方が楽しく感じるかといえば馬券を買うって結局は当てることを目的としていて、そのことを共有しておもしろがっているからだと思う。仲間同士で競馬にいくのと同じ感覚。

レースの実況は重要だけどなんで重要かといえばそれが当たり外れに直結するからで、プロ野球の中継なんかと異なるのはその目的が一人一人の馬券に集約されているから。(馬主は別)
それに楽しくワイワイやっている方が見ていて面白い。共演者が辛気くさい顔で淡々とやっていっても面白くない。
その差なんだよな。

外れて悔しく、当たったら嬉しい。
そんな根っこの部分を大事にしているからウイニング競馬は楽しい。

そういう結論。

jjj850 at 19:13|PermalinkComments(0)