サッカー観たりやったり

2010年06月25日

ベストだった

勝って良かったデンマーク戦、出来すぎだったと思う。

早めに勝負に来ていたデンマークの攻撃をしのぎ、最高の時間帯でFKが入ったのが大きい。遠藤の2点目もタイミング的には良かっただろう。
誰が見ても本田の貢献が大きい。

負け続けて破れかぶれ的なフォーメーションが実はベストだったのではないかと思っている。マイナスとマイナスの掛け算がプラスになるようだ。
松井を入れて本田をトップにしたことでコート半分のブロックとプレスがそこそこ機能して阿部でスペース埋めて長友にエースにひっつきマーク。

GKも川島に切り替えてチーム全体が極めて献身的。誰かがひっぱるというよりチームで勝ち(守り)に行こうとしている姿勢が日本代表にハマっていると思う。

それと寝ていたので結果しか知らないが、イタリアがまさかの敗退。
Aマッチでイタリアが3点取られているのを初めて見たと思う。
負けたことでボロカスに言われているがフランスの内紛とは違う。もともとW杯ではスロースターターなのだ。結論から言ってブッフォンが故障したのが大きい。川島とは逆のパターンだ。連覇すると思っていただけに予想外だった。

jjj850 at 06:43|PermalinkComments(0)

2010年06月13日

眠い

W杯のおかげでカナリ寝不足。

まだ数戦だけどやっぱレベルは高い。
特にキーパーはどのチームもワールドクラス。簡単には抜かせない。イングランドのキーパーは凡ミスだったけど。

標高が高く、ボールコントロールが甘くなるせいかドローが多く今のところ韓国とアルゼンチンしか勝っていない。

韓国は圧巻だった。
今大会のギリシャは決して弱くない。
これは今回の台風の目は韓国かもしれないと思わせる内容だった。5大会連続で出場して1勝もできない時代があったけど、サッカーは歴史があるほうが強いとの言葉の通り確実に強化されている。日本もこうありたいものだ。

日本のスピード感のないサッカーで相手を圧倒する可能性はほぼない。
守備7、攻撃3だろう。この攻撃3で奇跡の1点をもぎ取るしか勝機はないだろう。
岡田ジャパンで敵のディフェンスを崩して点をとってはいない。セットプレーだのみになるだろう。それにはドリブルなどでつぶされる役どころが必要になってくる。
本田が口だけでやたらと目立っているが、FKは遠藤と中村俊だけいればよくFWは突っかかっていく森本あたりを中心に据えて勝負する事になるだろう。

3連敗してもだれも驚かない状況なのでやるほうは楽だろうな。

jjj850 at 08:17|PermalinkComments(0)

2010年05月25日

プロの世界

昨日、日韓戦をTVで観た。

韓国に負けた。
その内容は不満だらけだけどどうでもよい。所詮練習試合だ。

ただ、重要な事がある。
それはプロの世界に負けて得るものなどない。スポーツに限らずだ。
これは言い切れる。

アマの世界で甲子園で出られた出られないというのであれば経験が生きる事もあるだろうが、プロになったら皆無。
もし、負けた方が成長できるなら連戦連敗の弱小チームは毎年後半どんどん強くなるなり翌年強くなるはずだ。
実際は違う。
弱いチームが変化が無い限り簡単には強くならない。
負けて得るものなど無いのだ。

負けることで自分たちのやっていた事がぐらついていく。
指揮官との信頼が壊れる。個々が自分たちのPRだけに走りチームがおかしくなる。
こんな状況しか生まれない。


岡田監督を批判しても仕方がないがW杯で3連敗の実績の監督が再び采配をすることなどあるのだろうか?
この時点で本当の信頼など無いと思うのだが。

jjj850 at 07:26|PermalinkComments(0)

2010年02月07日

パワー

昨日、久々にサッカー代表戦を見た。

「守れ正剛」こと楢崎のPK止めは興奮したけど、その後も流れが変わらずドロー。
双方ベストメンバーじゃないのは始まる前からわかっていたが極めて退屈な内容だった。
今回の中国は長身の選手が多くスピードの無いオーストラリア代表のような感じ。
前半だけ日本ペースだったがあとはグダグダの内容。
中村正剛のパスセンスはさすがと思ったが、そのスピードは使いどころが無く遠藤も終始後ろ側で押し上げてこない。
大久保へのパスコースはほとんどなく、平山は恐ろしく判断が悪い。このFWのコンビは相手にとって脅威にならない。決定力以前に相性を考え直すべき。経緯はしらんけどなんで大久保が代表に入ってるかもわからん。いつ結果出したのだろうか?
平山はでかいから入れてるんだろうけど、そのでかさをまるで使わないプレースタイルが疑問。

結果がすべて。
プロスポーツの原則。
どんな内容でもテクニックがあっても勝たなきゃ意味が無い。ワールドカップも近い。結果重視をしないと予選突破は相当難しいだろう。

jjj850 at 09:34|PermalinkComments(0)

2009年12月06日

久々見た

TV観戦だけど久しぶりにJリーグ見た。

鹿島と川崎Fが争っているのは知っていたけど、鹿島の最終戦が浦和でかなり熱かった。
鹿島は強いね。
昨日のゲーム、序盤から後半25分くらいまで圧倒的に浦和ペースだった。
浦和の分厚い攻撃にカウンター気味に鹿島が攻める。それとセットプレーだけで決定機を作っていた。最終ラインは崩さないよう保険をかけながら戦う鹿島の狡猾な試合の組み立てだけど、浦和は最後の一線を超えられなかった。
一点取った後は完全に鹿島ペースでその後支配率70%くらいいってたと思う。
膨大な運営費を使う浦和が鹿島を圧倒できないのがサッカーの面白いところ。
それにしても三連覇はすごいな。

Jリーグの最初のステージも鹿島だったけど未だ力を維持している。
ヴェルディやマリノス、ジュビロが力を落としてしまっているののをしり目に上位に君臨し続けるのは偉大だと思う。

jjj850 at 09:02|PermalinkComments(0)

2009年02月11日

引き分け

遠藤のシュートから怒涛の攻めはあったけど点は入らずスコアレスドロー。
残念。

まあ、負けなくて良かったでしょ。

これが日本代表のベストメンバーなんだろうか?
最近見てなかったのでわからんけど、予選突破に向けて今後は結構盛り上がるんじゃないだろうか。

jjj850 at 21:19|PermalinkComments(0)

問題は決定力

と、解説がはいるだろう。
決定力という問題はどんなリーグのトップチームでも課題となっており、そんなものは問題点でも何でもない。

前半0−0は枠に行かなかったとか決定機を逃したのは事実だが、それ以上にFWの連携が気になる。
はっきり言って噛み合っていない。後半修正できないならとっとと片方代えるほうがいいし、ミドルシュートも打ってなので中盤の意識を少し変えないと攻め疲れからの反撃であっさり点を献上することになる。

それにしても日本代表中盤の体力不足が気になる。
テクニックはあるんだろうけど、もう少し縦に切り込んでいかないとゴールまでのスピードが出ないわ。

さて、後半どうなるか。


jjj850 at 20:19|PermalinkComments(0)

日本ペースだけど

前半30分、押してるけど無得点。

田中達と玉田が連動してない。

内田もボール持ちすぎ、そして中盤の運動量が落ち始めてる。
あきらかに飛ばしすぎだ。

早く一点を入れないと厳しいゲームになりそう。

相手のファールがあるので何とか叩き出せればかなり楽になるんだけど。

jjj850 at 19:54|PermalinkComments(0)

オーストラリア戦

珍しく代表戦ライブで見てる。

世代ごとのレベルどうこう言っても始まらないが、オーストラリアは今の日本にとって強敵。

開始5分日本の運動量は多く悪くない。
オーストラリアは省エネサッカーで前半0−0狙いなのが画面越しにも伝わってくる。
おそらく後半から動いてくるのだろう。

jjj850 at 19:32|PermalinkComments(0)

2008年10月15日

興味が大分失せたけど

久々代表戦見ました。

ホームのウズベキスタン戦なら楽勝と思いきやトゥーリオの大チョンボでいきなり失点。

いろいろあるけど、あのショボイクリアミスがすべて。
ああいうプレーは代表戦では許されない。なんとかドローに持ち込んだけどドローに持ち込めたのがラッキーなくらい日本代表とウズベキスタン代表との力が同等だった。

日本代表を久々に見たけど若い力というか世代交代が出来ていない。
キーパーはともかく他のフィールドプレイヤーは実績を買われて出てきたとしか思えない。中村俊輔もマークのセリ負けも多く中盤がまるで作れて無かった。中村俊輔はもう少し自由なポジションを取らせてボール運びや中盤の要は別の選手にやらせた方が良いと思うんだけど一体どんな狙いで組んでるんだろう。(というか他の選手を知らないし阿部あたりは完全に機能不全)

W杯には出られるとは思うけど決勝トーナメントなどどんなにドローに恵まれても難しいと言わざるを得ない。感覚だけどウズベキスタンあたりはホームで最低2−0くらいで勝てないと難しいだろう。

jjj850 at 22:05|PermalinkComments(0)