サッカー観たりやったり

2014年06月25日

コロンビア戦

先発が8人も入れ替わって1.5軍、最後はベテランキーパーの思い出作り。
これで今日は日本らしいサッカーが出来たと思っているなら一体何を見ているんだってこと。笑っちゃうよ。
「点を取りに行ったからしかたの無い完敗」という総括は幼稚すぎる。点は苦し紛れの1点しか取れず失点だけはいつも通りじゃ負けるわな。選手は全力を尽くしても負ける。それが勝負事だ。

残念ながらこれでグループリーグの敗退が決まった。ギリシァ戦の退場でクビの皮一枚のこっていたけどまあ仕方が無い。簡単にグループリーグを突破できるほどW杯は甘くない。

負けた要因は探そうと思えばいくらでも出てくると思うけど、もっとも単純に考えると日本は弱いから負けた。さらに言えば弱いのに強いと思い込んでいる(思い込もうとして)から負けた。一番の敗因だ。

コートジボアール戦でも感じたけど相手は日本を徹底研究している。

それは薄くなった両サイドから仕掛けることもそうだけど、カウンターとなる起点というかポイントをボランチから2列目、特に本田にボールが入る瞬間にインターセプトをすること。日本代表のゲームではボランチから本田をパスを通す距離が比較的長めで本田はパスを受けるときほとんど動かない。
ボールが足下に入ってしまえば裁けるだろうが足下に来る前にインターセプトされるか潰されてカウンターを食らう。相手にしてみればそこからなら足の速い選手はほとんどいないため効果的なカウンター攻撃をすることが出来る。

シーンを切り貼りすれば単なるパスミスや精度に見えるけど明らかに意図もってマークしている。
ギリシャやコロンビアでもまったく同じポイントを狙われていた。まるで修正できていない。そりゃやられるよ。
日本は攻撃の意図くらいは感じ取れたが、相手の研究を本当にしたのだろうか?自分たちのサッカーを信じるのも結構だけど格上相手に弱点を突かず勝負をするのは無理があったのではないか?そんな事を負けて真っ先に感じた。


jjj850 at 12:55|PermalinkComments(7)

2014年06月24日

やられる予感

W杯グループリーグ3戦目前日の各選手のコメント。
「自分たちに自信を持つ」
「力を出せれば勝てる」


どの選手も似たようなコメントが多い。
度々職場でも語る自分の大嫌いな「ニューソート思想」にとらわれている。

自信を持つとか、自分たちを信じるとかは個人のレベルならポジティブシンキングで済む話だが、それを周囲に振りかざすともう完全に宗教の類。

信じるだけで夢が叶うなら人生誰も苦労しないし、本当に挫折を味わった人間なら死ぬまでそう思わないかも知れない。

確かにコロンビアはガチで来ない可能性が高いが、リラックスして自由に出来る上に格上なんだ。信じているだけで力出せば勝てると思うのは大間違い。相手だって必死なんだぜ。

こんな勘違い集団では非常に厳しい結果になる。(開催前から危険信号だったが)

自分の弱さと向き合えないと、結果は得られない。
あとちょっとの差で結果が出なかったのではない、弱かったから結果がでなかったんだ。

jjj850 at 19:00|PermalinkComments(0)

2014年06月20日

弱いから負ける

今日の朝ほど日本中が落胆した日は無いだろう。
前半38分には相手が一人減って、ボール支配率は70%。「落ちついていけば勝てる!」
みたいなもっとも危険な空気がその後延々と続く。そしてギリシャは自力予選突破が残り勝利に近いドロー、日本は限り無く予選突破が困難なドロー。

戦術、采配、選手のコンディションなど色々ある。
でも一言で言えば勝利する強さが無かったのだ。

「今日は前回より自分たちのサッカーが出来た」という人はいるかもしれないが、本番が終わってから調子が上がってきても何の意味も無い。ボールの支配率に満足しても、それは三振を取っても勝ち投手になれないように得点しないで勝つ方法はどのスポーツにもありえない。

ヌルい練習試合で勝ってきたことによってこのチームは少しずつダメになったと思っている。同じメンバーなのにAFCの頃の強さは完全に抜けきってしまった。
「強いチーム」、「自分たちの力を出せば(信じれば)勝てる」、「チームの状態は良い」こんな言葉並ぶ時点で非常に危うい。
無理に卑下する必要は無いけどチャレンジャーの立場のチームが横綱見たいな事を言っている時点で認識がおかしい。「ベストを尽くす」「明日走れなくなるまで追いかける」「相手を格上と思って全力でぶつかる」こんなコメントが本来は出るものなのだ。
「自分たちの力」を出したって勝てないし、相手関係で力を出し切れないのがスポーツだろうに。

ザックジャパンはチーム作りに失敗した。実力以上の自信(つまり過信)とメンバー同士が競合しない仲良しグループを作る事で最も重要な「必至になるメンタリティ」を失った。これではテクニックがいくら向上しても勝てない。


jjj850 at 18:30|PermalinkComments(2)

2014年06月15日

戦犯捜し

コートジボアール戦の敗因を戦犯捜しから始めるのが日本流。

何がダメだった、あれが悪かった。

そりゃ自分だってそう思う。2列目3枚とかまるで機能していないし、大迫や柿谷のトップなんて今までだってダメだったのに「良く動けている」とか、おまえらいったいどこ観てんの?解説をそのまま聞いてるだけだろとさえ思う。ボールが持てないから画面に映ってないじゃねーか。

でもここで叩いても実は意味がない。
もう本番になってしまっているからだ。今更代表選手を入れ替えるわけにもいかないし。

本来は本番前に今の代表はやばい、本戦では予選突破すら怪しいと警鐘すべきだったんだ。
なんせ予選落ち相手の調整試合でギリギリの勝利しかできず、そこから大きな修正機会を失っての本戦なんだから負けても致し方ない。

本番前、本田が試合前にあーだこーだ言わず「結果を見てから」とか偉そうに言っていたけど、あんなことを言わせてしまっているサッカーの民度が日本のレベル。
中田英寿が天狗になって迎えたW杯の結果(その後引退)がよみがえる。

jjj850 at 21:57|PermalinkComments(0)

負けるべくして負けた

W杯初戦、強敵コートジボアールに先制するも逆転負け。

1点取ったのも本田が良くやったというレベルでチームとして良い時間帯など点を獲った直後のわずか数分だけ。
パスミス、トラップミス、連携ミスが目立ち何度もカウンターを食らう2点ですんだのが不思議なほど。

敗因は一つ。
相手が日本より強かったっだけ。

ギリシャに何とか勝って、2勝しているであろうコロンビアと戦えれば(予選突破確定なので)まだチャンスはある。
それに賭けるしかないだろう。

今まで相手が本気にもなってない調整試合にまぐれ勝ちしてきたツケが出た感じ。
1年前のコンフェデ杯で全く歯が立たなかったのに、ほぼ同じメンバーで勝てるほどW杯は甘くないよ。

それにしてもブラジル行って応援するとか、友人知人宅に集まって応援するくらいならわかるけどパブリックビューイングで大騒ぎしている人たち価値観って不思議だ。
大騒ぎしたいだけなんだろうけど、それだけのためにわざわざスタジアムに行くのかね。

jjj850 at 14:21|PermalinkComments(2)

2014年06月07日

ザンビア戦

FWにクリストファー・カトンゴってのがいて、アナウンサーが連呼する度に「墜ちろ蚊とんぼ!」と言いたくなるザンビア戦。
同じアフリカ勢であるコートジボアールを意識した練習マッチ。
4-3で勝ったものの本戦前の厳しい当たりもない(DFもスライディングしない)中で獲った点数などあまり意味はなく使える選手、使えない選手の見極めにしかなっていなかった。

今のナショナルチームはとにかく失点が多い。
ほとんどの試合で先に先制されてしまう。
W杯では致命傷になる確率が高い。

調子の上がっていない本田、香川を無理矢理中心選手に使う姿勢も微妙。
実際、大して動けてないし決定機にシュートすら打っていない。
今日は2人も得点を挙げたが出来は相当低く、もちろん本番でベストコンディションになればいいんだけどこのままでは交代要員を考えなくてはなるまい。

勝って良かったけどもう修正できる試合はなく本番に突入するので、ザッケローニの采配次第で予選リーグを簡単に全敗することもあると思う。大久保のアクロバチックなシュートで悪い部分が見えなくなってしまったが、前半0-2で30分過ぎシュート1本しか打っていないチームが勝てるほどW杯は甘くない。

それでも過去の日本代表よりレベル的には相当高くなっていて予選リーグはギリギリ突破できると自分は思っている。勝ってくれなきゃW杯を楽しめないし。

jjj850 at 17:59|PermalinkComments(2)

2011年01月30日

勝負強い

強かったAFCのザックジャパン。
試合内容より結果が重要。このチームはかなり強い。
松井、香川というアクセントを失ってさすがにオーストラリア戦は8割防戦だったけど川島が当たっていたこともありギリギリのところで死守していた。

延長でなんとなくPK戦のような気がしていたけど長友からのクロスをリがダイレクトボレー。真夜中にしびれた。あれ、練習でもあんなコースには簡単には打てないと思う。

予選から気迫やまとまりが無い。
個人的にはそういう感想だった。

初戦でザッケローニが試合を重ねると強くなるという勝利監督インタビューを見ていたけど内心「そんなワケねーだろ」と思っていたが、インタビュー通りになった。名将とはこういうものか。

川島が退場しなければ川島がMVPだったと思うけど、MVPは本田で順当だろう。
ゴールもしていないしFKも良くなかったけど攻めも守備も献身的でこんな仕事もできるのかという可能性を感じる。遠藤が自由に出来たのも本田の役割が大きい。

海外で活躍する選手が増えたことも試合の組み立て方が単調にならないという面で大きい。
今大会失点から始まる試合が3試合あったけど、あれは攻めた結果としての失点。今まではまず守りから入ってリスクを負わない攻めで点を取れみたいな戦術だったけど状況に応じて変化(決勝はそうもいかなかったが)させられる戦術というのはチーム全体が1ランク上がったような気すらする。

3年後のW杯ではメンバーが変わっていると思うけどザックジャパンはより強くなっていると思う。楽しみだ。


jjj850 at 10:24|PermalinkComments(0)

2011年01月22日

期待を裏切られる

昨日のカタール戦、アジアカップという大したことのない国際大会。
ザックジャパン最初の国際大会、負けても笑って許されるレベルだ。
まさかこんな展開になろうとは。

序盤はカタールのプレスがきつく、いい形が全く作れなかった。
そして先制点を取られてようやく本気になった日本。
この代表チームはギリギリになるまで闘志を出さない特徴がある。

1-1から吉田の余計なファールで10人、それもそのFKで点が入るという典型的な負けパターン。1-2ダメか・・・・
TVで松木さんが壁の事を解説していたけど、松木さんは地味にディフェンスに関してはいつも適切だ。あれなら壁はない方が良かった。

2点目を取られ松木さんの解説に関心をしながら、ここで巻き返せるのはアントラーズだけだみたいに勝手なネタ作りをして眺めていたら以外と運動量が落ちてない。チームが若いし、個人レベルのチャンスがあるからなのだろうか。
無駄なパス回しが減り個人で勝負する場面が多くなったそのとき混戦の中で香川が抜けだし冷静に決める。

この同点弾は光った。

シンプルなパス、ゴール前の混戦、個人技。サッカーの技ありゴールはこのパターンが多い。

一人少ないとはいえこの同点弾でいつもなら守りにはいってPK狙いかと思いきや香川のゴールでカタールDFは妙にバランスを崩しチャンスがたびたび訪れる。40分過ぎ興奮の3点目。
前半、後半のロスタイムや終了5分前に点の取れるチームは強い。
良い意味で期待を裏切られた。

この日本代表は強い。
監督の采配ということもあるんだろうけど、チームの若さが最大の武器になっていると思う。若いからこそ攻める姿勢が維持できる。
代表の人気が落ちていると言われてずいぶん立つけど、これは人気が盛り返すぜ。

ただ、主要な選手が海外でプレーしているためJリーグへの還元がないのがチト寂しい

jjj850 at 09:24|PermalinkComments(0)

2010年07月05日

ワールドカップの決勝トーナメント

80年代からしか見ていないけどワールドカップの決勝トーナメントに言える事は「シンプルな方が勝つ」という事に尽きる。

強豪国はどこもシンプルなサッカーをモットーとする。
シンプルさを実現するための技術なのだ。

シンプルとは

シュートに到達するまでパスの回数が少ない
攻撃の手段が限定的
点をとる人と役割が決まっている

上位にくるチームはこれらが整っている。

そして最後は強かさだ。
前大会もジダンを退場に追い込んだイタリアの強かさが光った。
今大会は良くも悪くもウルグアイの一発レッドクリア。

シンプルで強か。これが優勝への近道。
ベスト4で一番脆いのはスペインだ。
個人技と混戦からしか点をとっていない。
次に脆そうなのはウルグアイ。強かだし技術もあるがサッカーのシンプルさが無い。

残り全試合、気合で見るぜ。

jjj850 at 06:37|PermalinkComments(0)

2010年07月03日

初めて見た

今朝のウルグアイ対ガーナ戦、サッカーのレベルという点では昨晩やっていたブラジル対オランダにはまったく程遠いものだったが勝利への執念という点ではかつてないものだった。

今朝は早朝からテニスとフットサルのために5:00起床して観戦していたが、そのウルグアイとガーナの試合でそれは起こった。
延長後半のロスタイム、ガーナ怒濤の攻撃。ペナルティエリア内でガーナがシュートの嵐を撃ち込んでいたが3本目のシュートはまるでバレーボールのようにフィールドプレイヤーがはじき出していた。
誰が見ても一発レッドで当然そうなった。

延長後半ロスタイムだから選手が減っても体勢に影響ないとはいえ素人じゃあるまいしキーパー以外が手ではじき出すシーンを始めて見た。

結果的にこれは正解だった。
ガーナのギャンがそのPKを外し、その後のPK戦でウルグアイが勝ってしまったのだ。

しかし、こんな卑怯なプレーがまかり通ってはサッカーそのものがおかしくなるんじゃないか?
そう考えさせられる。
それと、ウルグアイというチーム。それだけじゃなく非常に狡猾。これはどのチームも油断ならないぜ。

jjj850 at 15:28|PermalinkComments(0)