2017年08月10日

リアが変形できるSUV

SUVは多目的になればなるほどどうしても大きくなりがちで効率が悪い。
普段空気を運ぶだけのスペースになってしまう。かといってあまり小さいと使い勝手が悪い。

そこでマチ付きのバッグのようにリアの一部を250伉度伸ばすとかできないだろうか。
ボタンを押すと荷台部分が後方に伸びて荷台として、また車中泊の時に便利になるとか補助席が出てきて短時間なら2名が座れるとか。
必要がなくなれば縮めて走行性能のデメリットは少ないまま運用できる、そんな感じ。
通常のハッチに、トランクを格納・追加できるような機構でもいいかもしれない。

エクシードラフトの装備がスクラムヘッド(シボレーブレイザー)の側面に格納されていたように、背面に大型のケースがあってそこに荷物がつめるような装備。
バイクならGIVIのパニアケースを付けるような感じで自動車にも標準で付けられるようなものがあれば汎用性が増していい。
というか、そういう気候に憧れる。
最近の車はリアの荷台の下の空間も収納スペースになっているけど、あれこそ汎用ではなく専用の電動折りたたみバイクが入れられて充電できるとかになっていれば、自分は飛びつくだろう。
ただ、パワーが安全性能が大きさがと言う内容では退屈で仕方がない。


jjj850 at 17:33│Comments(0)車の話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔