2017年08月09日

水素に全振りすべき

欧州の自動車産業がEVに傾く。
日本は燃料電池車に力を入れようとしている時代に。
ただ、この燃料電池の考え方は間違ってない。今は水素を作るのに莫大な電力を使うのではっきり言って効率悪いが水素を作るときに自然エネルギーを使い各家庭や各ビルなどで作るようになれば劇的に改善される。
運ぼうとするからコストがかかるのでガソリンスタンドや配送会社、バスの車庫などで作ればかなり効率的な運用ができるだろう。

日本の場合、いろいろな発電方法があるが主流は太陽光発電でよいだろう。
10年で半分の効率になるとか言われていたが実際は8割以上の効率が維持できることが解ってきていてさらに効率がアップできるらしい。今のモデルは寿命がさらに長い。
そこで電気を作り、水素も作る。蓄電みたいなもんだ。

不安定な部分はコンバインド火力発電で原発より効率よく発電すれば電気代も下がる。日本は政策としてここに投資するのが世界を牛耳れるチャンスだと自分は思う。

単なるEVはgoogleやamazon、appleの参入などあれば一発でやられる。
リチウムイオンバッテリー技術は日本はすでに遅れ始めている。原発など1.5世代古くもう新設することなどできない。

日本の生命線は燃料電池というのは一見夢物語だけど十分チャンスがある。

利権べったりと、その利権屋に騙されている輩には理解できないだろうけどね。


jjj850 at 17:34│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔