2017年06月09日

函館ワンチャンあるか?

このローテだと7月の函館遠征で奇跡のウインイクシード出走があるかもしれない。
そしてカートゥーンにルメール再びとか激アツ!

-------------------------
■ウインカートゥーンの近況を更新しました。
【更新日】2017年6月8日(木)
【近況】
 前走快勝後は、栗東近郊にリフレッシュ放牧に出ていたウインカートゥーンが、先週末3日(土)に栗東・西園厩舎に入厩しています。
 今週は、昨日7日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。単走でスタートし、前半は馬なりで進み、後半から鞍上に促されしっかりと追われると、最後まで脚が鈍ることなくゴール板を駆け抜けていました。時計は4F52秒0、ラスト1F12秒7と好タイムをマークしていました。
 西園調教助手は「以前は稽古もあまり時計が出なかったカートゥーンですが、ここへ来て大きく変わってきましたね。宇治の担当者も『以前とは比べ物にならないくらい良くなっていた』と話していましたし、ステイゴールド産駒らしく成長力があるのでしょう。勝って同条件ですから、次走も期待しています」と話していました。
 そして本日8日(木)は運動のみで様子が見られていました。なお、次走は6月25日、阪神日曜7R芝2200mを引き続きルメール騎手とのコンビで予定しています。


■ウインイクシードの近況を更新しました。
【更新日】2017年6月15日(木)
【近況】
 先週2日(金)に函館競馬場へ移動を完了したウインイクシード。到着後も順調で、すぐに乗り込みを開始しており、昨日7日(水)、本日8日(木)はキャンター調整を行っています。
 鈴木伸調教師は「やはりと言いますか、輸送では20キロほど馬体を減らしてしまったようですが、到着後も体調自体に問題はないようです。20キロ減ったとはいえ、前走後は出発日までに10キロほど馬体が回復していたので、前走比で換算すると10キロほどのマイナスですから、あまり心配はしていません。もともとカイバ食いには全く不安のないタイプでもありますし、減った体もすぐに戻ると見ています。この後も順調なら来週のレースに向かう予定です」と状態を説明していました。
 なお、次走は来週の函館土曜10R「駒ケ岳特別」芝2600mを松岡騎手とのコンビで予定しています。


jjj850 at 18:52│Comments(0)競馬の時間 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔