2017年05月16日

なぜリーダーシップが無いのだろうか

人格が優れていてもリーダーとしての資質に欠ける人がいる。

その人がどんな号令をかけても、周囲はなかなか動かないし細やかなマネジメントをしようにも反発が発生してその通りにはならない。

いろいろなパターンがあるけど、その共通点として妙な被害者意識があると考えている。
その業務を「やらされている」という部分をにじみ出している。
それを周囲のスタッフが感じ取ってしまうのではないか?

自分から突き進んでいる人を支えてあげようとか一緒に夢を見るわけじゃなく、渋々その人がやっているのを見て最低限業務をこなそう。難しい仕事はやらされていると言う逃げ口上を使おうとかそんな文化ができあがるんじゃないだろうか。

有能、無能にかかわらず指揮権を持つリーダーとしては失格だろう。
能力があったとしてもマネジメントの半分しか使えない。

そのあたりがマネージャとして向いている、向いていないの分かれ目なんだろうな。

jjj850 at 19:47│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔