2017年05月11日

ありがたいけど無意味に罪の意識がある

これも老後のため、だけじゃないけどそれなりに膨れ上がった株の配当金。

以前は車やバイクの維持費等はすべて配当で賄うというが目的だったけど、そんな時代は十数年前。今ははるかに多くなった。配当は典型的な不労所得で税金も約21%しか引かれない。
一言で株を買う金の余裕がある人間がより豊かなるシステムともいえる。(現状の日本の場合)それが妙に罪悪感と言うか素直に喜べない。

もちろん株券何てすべて自己責任でその会社が無くなれば紙同然になる。超優良と呼ばれたJALだって一度紙屑同然になった。(国の政策でつぶれたようなもんなのに)
だからそのリスクに対して当然という考え方もわかるけど、コンビニで明らかに定年を超えたような人がせっせと働いているのを見るとこんなあぶく銭をもらって贅沢しちゃいかんとか変なことを考えてしまう。

年金生活にでもなればこの配当は確実にありがたいお金になるのは目に見えるけど今は妙に罪悪感のあるお金と感じている。
証券会社に入れっぱなしだから退職金の積み立てみたいに思っておくか。




jjj850 at 20:00│Comments(2)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事へのコメント

1. Posted by TOGO   2017年05月11日 23:56
いやいや、アナタ死ぬその日まで働いてるでしょ(笑)

年金で優雅な老後とか、想像できまへんでー。
2. Posted by J(MS)   2017年05月12日 09:10
働くけどね。

何もしてないと死んでしまう性格なので

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔