2017年05月08日

シミュレーションしている

想定外、なんてものが何度も起きるのはその時点で読みが甘い。
計画を立てているから想定外が起こるのではなく、計画の時点で想定外を考慮していない(想定していない)から想定外となる。

極論すれば明日社員が全員辞めるとか運転資金が突然無くなるなどちょっとあり得ないときでもどうするか考えておけば、そこまでの状況じゃない時の対応策は立てやすい。

シミュレーションをする上で重要なことは現状認識と未知の情報だ。
未知の情報は自分から取りに行かなければ入手することはできない。
その情報収集能力とそれをビジネスに応用しなければならない。ただ、入手さえしてしまえば計画は立てやすい。

情報を十分に持ち、計画を立て、不確定要素を洗い出す。
計画は不確定要素を洗い出す能力が強くなるほどパワーを持つようになり、徐々に計画の成功率も上がってくる。
どんな計画も遂行中に不確定要素が入ってくるけど、それを計算に入れておけるからだ。

シミュレーションは絶対ではないけど、すでにシミュレーション済みかどうかは非常に重要。対応が変わってくる。
そしてすべてが想定内になった時、計画はすでに結果を伴う行動の前兆でしかなく、毎日その計画をひと塗りずつ行う単純作業に代わるだろう。


jjj850 at 17:48│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔