2017年05月07日

準限界集落はどうにもならん

高齢者の運転による事故で、車が無いと生活できない云々っていうのがあるけどそんなもんしょうが無いとしか言いようがない。

全国津々浦々公共の移動手段を整えるほど日本は豊ではない。買い物だって離島以下になることも珍しくない。
集落として別の生き残りかたを模索するか、廃村にするしかないだろう。

自動車は凶器になる。
運転技量が落ちれば事故は起る。
自分たちの生活のために車に乗るというのは保障されている行為だが、そのために凶器を振りかざすことが許されるわけじゃ無い。

繰り返し書いているけど限界集落、準限界集落は公共サービスが無くなってもいいという覚悟が無いと生きられない。
それが嫌であれば山を下りて生活するしか無いと思う。無理に運転して人に害を与えるより幸せだと思う。

jjj850 at 10:19│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔