2017年04月15日

少しわかった気がする

進撃の巨人2期で現在考えられること。
壁は巨人、壁を作る能力。なぜ人間を襲わないか不明。

一番外の壁が突破されたはずだが、壁に穴が開いていない。
巨人は壁の中から生まれたか空から来たか。

家にスッポリはまった巨人が坊主の母親なら、あの村の人は襲われず巨人になった可能性がある。
獣の巨人は超大型。
OPにいろんな動物が出てくるけど、あの象タイプとかいろんな巨人が出てくるかも。
EDには死体を食べる子供3人と王様。あと海沿いから巨人、人の列が大陸移動している。

エレンの地下室の謎。
1期でも謎だった突然出てきた地下室の鍵、親父が泣きながらエレンに注射を打っていたこと。(巨人化エキス?)
アルミンの持っていた本。(壁の外側の世界)

獣が巨人をコントロールできたように、壁の巨人も何かコントロールする方法があるのかもしれない。
壁の中の勢力(王様)と獣の巨人や女の巨人のように明らかな敵対している巨人がいる。

巨人という特殊な生物兵器を作りすぎ世界中が戦争になり人類の大半が滅び巨人だけ野に放たれたままというのが1期の想像だったけど、壁の中のエリアから巨人が作れるとなれば、壁の中での勢力争いという説も浮上する。また獣の巨人は相当な知性を持っており複数の言語を操ることから別の国は存在し、そこには別の言葉があると考えられる。よって壁の外側の人類が全滅したとは考えにくい。

人類の口減らしのために巨人を増やし自然を回復させるとか考えたいけど、その伏線はどこにもない。
大体、2000年後のきみへって一回目のタイトルの謎は何なんだ。
もう少し話が進むと見えてくるのだろうか。
毎週、この謎解きが面白くてたまらん。

jjj850 at 22:42│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔