2017年04月17日

築地の問題は「都」の問題

東京都で働くか東京都民以外にはあまり関係ない。
一番関係あるのが市場で働いている人。

このことを全国区で騒ぎ立てる人の大半は移転派。見たこともない人が何を元に判断しているのかわからんけど。

市場の話で息詰まると「五輪の道路」になる。正直の道路なんてどうでもいい。五輪開催中は一部区間通行止めにしておけばすむ話。(このことは五輪スポンサーのマスコミが絶対に出さないらしいが)

安全確保も重要じゃない。
豊洲でも築地でも安全の確保のやり方はある。豊洲の問題は安全の問題じゃない。議会決議と異なる方法で工事されたことが問題の本質だからだ。

では何が判断のキーになるのか。
個人的には50年後まで見通した維持費だと思う。
それが安いほうがいい。自分はそれで判断したい。豊洲のほうが安ければ豊洲のほうがいいし、築地のほうが安ければ築地のほうがいい。それだけのこと。浮いた財源で保育士の給料あげればいい。

勝手な予想だけど都議選で小池知事が勢力を伸ばしたら都民による投票になるのかもしれない。それもありだと思っている。
都民の感度しては移転の賛成25%、反対25%、どっちでも50%くらいだと思う。


jjj850 at 21:00│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔