2017年04月15日

ツラいときの回復法

時間だけが回復法と他人を諭す。
本心じゃない。それしか言うことができない。
でも自分がツラいときはそこまでじゃなかった。多少の喪失感はあったにせよすぐ前を向けた。大してツラくもなかったのか、耐性が強いのか。

変な話だけど仮に自分が死刑宣告受けても案外大丈夫なような気がしている。
とっくに心が死んでいるのか、失うものがないのか、それはわからないけど「生まれたからには死ぬことは避けられない」ということは記憶にないくらい幼少に悟りきってしまっている。

あれこれ考えても仕方のないときは前に進むしかない。
その先がどうであっても振り返って過ぎてしまったものが元に戻るわけじゃない。

後悔しても変わるものじゃなければ死ぬまで後悔しないほうが幸せだと思う。

それにどんな状況に陥っても、今ここにいるという幸せを感じることができれば人はどんなことも乗り越えられる。
そんなもんだろ。


jjj850 at 17:31│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔