2017年04月13日

ワクチン

季節外れのインフルエンザに今年は社内の数人が発症。
身近でもワクチン予防接種の無意味さが証明されつつあり、今後相当数減ると予想している。

WHOでも効果が認めていないものをせっせと普及させている日本の滑稽さ。(ワクチンや解熱剤などインフルエンザ関連の医薬品の8割以上が日本で消費される)
トクホなんかもそうだけど騙されやすいというか自分で考えないというか。

周りがガーガーいうから「正しい」わけじゃない。

医師の中でも病院で強制されて打っている人はいるけど「ワクチン予防が効くと思っている人なんていないんじゃない」と明言するお医者さんもいる。

国民だってバカじゃない信じているというより「やらないよりやったほうがいい」という認識程度だろう。

副作用より少ない確率で効くかもしれないので、まあ金捨てる気持ちでやる分にはいいかもしれないけど30万人分くらいのデータを使って正しく出してほしいね。
(ちなみにずっと調査はしているけど少数じゃないと有効なデータが取れないので発表されていないらしい)
効果がなかったデータだけは何十万人分とあるのにな。


jjj850 at 18:30│Comments(2)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事へのコメント

1. Posted by zin   2017年04月14日 11:10
俺もインフルワクチンは小学生以来打ったことないよ。
小学校ん時でも効くのきかないのってやっていたような・・・
実際今年も予防接種なんてしなくてもインフルになんなかったしね。
まぁ、フラシボ効果ぐらいは期待できるのかな。
2. Posted by J(MS)   2017年04月14日 12:49
俺らには必要ないよ。おそらく幼少期からガンガンかかってるから。

インフルワクチンなんて「トクホ」をありがたがってるようなもの。まあ害はほとんどないだろうけど、効果もないわな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔