2017年03月02日

宅配便の時間指定

時間の区切りを広げるらしいけど、個人的には逆だと思う。

もっとピンポイントで配るほうが不在の率も減るだろう。防犯上の問題もあるけど、居るか居ないかが大事であってそれを宅配時にある程度把握できればいいだけだ。
時間云々より玄関に専用の受取可能ランプでもついているほうが便利ではなかろうか。

実際、家の電気がついていれば時間指定にかかわらず柔軟に届けてくれる宅配業者は多い。自分も「居ればいつでも受け取ります」と言っている。


我が家の場合は極めて特殊で玄関の正面にも玄関があり、そこで代理の受け取りが可能なので不在になるケースは極めて少ない。
過去1割もないと思う。

それでも宅配ボックスを置くのは宅配業者の負担を少しでも軽くしたいから。いつでもぶっ込めるとなれば心理的にも楽だろう。それに便利とわかればもっともっと普及してどんどん便利に安いものが出るかもしれない。そのためには率先しないといかん。

駅の宅配ボックスやコンビニ受け取りでも十分だろうけど、それは過疎っている駅のみ可能でありリアルな話最寄りの駅に設置しても活用するのはかなり難しいと思う。すぐに埋まってしまいそう。以前、九段のコンビニ(既にない)に設置された箱もほとんど利用できなかった。利用人数に対してキャパが小さすぎる。
コンビニの受け取りは住所等が明かされ自分は別にいいけど、嫌がる人も出るだろう。実際それでトラブルになったケースもあるらしい。

また書籍など小物は会社で受け取ればいい。書籍などそのほうが楽。法的にどうこういう企業もあるらしいけど、その程度で目くじら立てんなと言いたいね。



jjj850 at 17:39│Comments(0)いわゆる日記(月記)ですか 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔