2016年02月09日

わかってねぇ

東京新聞杯の濱中騎手の落馬のこと。

濱中騎手のイン強襲は確かに強引だったかもしれない。
でももしインを強襲されたくなければもう少しどの馬もインに寄せていればよかっただけ。
1頭分以上の隙間があって鼻面いれられて脚色がうわまっていたらあのまま開けておくべき。

レース全体を見ればあんな状況になった濱中騎手に落ち度はあるけど人気を背負った状態で馬の脚色があれば突っ込むだろう。

今回の落馬、柴田騎手のよれたお釣りで岩田の馬がよれた。
おとがめ無し。

などと自分は思ってない。

岩田の馬のよれ方は左ムチを構えいた割には動きすぎているしぶつかってはいないが、濱中の馬をあえて驚かすようにグラっとぶれてる。
後方からのカメラ見ればそう見える。


過去に何度もぶつけず馬を驚かせて落馬まで追いこんでいるし(府中で後藤が落馬した時もそうだった)野球でいえば相手の選手生命を奪うデッドボールもルールの内だから問題ないと考えるようなもの。

大崎や安田富もインチキっぽいことをする騎手だったけど、相手を落馬させるようなことは決してしなかった。
命がかかってる競馬の騎手の世界で、どこまで正当化されるかでは無くやってはいけない一線があるはずだ。

岩田はもうここ数年ずっとこんな調子で腹が立って仕方が無い。

お金がかかってるし、落馬する程度の技術しか無いのが問題という人もいるが前の馬が少しよれただけで大騒ぎして威嚇する岩田の姿勢を見てみろ。北海道の夏競馬行けば検量室が近くにあり騒いでる岩田を見ることができるよ。
ほんと反吐が出る。早く怪我かなんかで引退してくれねーかな。またG1で斜行して馬のせいにしたりするのは見るに堪えない。

jjj850 at 19:30│Comments(0)競馬の時間 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔