2014年06月25日

コロンビア戦

先発が8人も入れ替わって1.5軍、最後はベテランキーパーの思い出作り。
これで今日は日本らしいサッカーが出来たと思っているなら一体何を見ているんだってこと。笑っちゃうよ。
「点を取りに行ったからしかたの無い完敗」という総括は幼稚すぎる。点は苦し紛れの1点しか取れず失点だけはいつも通りじゃ負けるわな。選手は全力を尽くしても負ける。それが勝負事だ。

残念ながらこれでグループリーグの敗退が決まった。ギリシァ戦の退場でクビの皮一枚のこっていたけどまあ仕方が無い。簡単にグループリーグを突破できるほどW杯は甘くない。

負けた要因は探そうと思えばいくらでも出てくると思うけど、もっとも単純に考えると日本は弱いから負けた。さらに言えば弱いのに強いと思い込んでいる(思い込もうとして)から負けた。一番の敗因だ。

コートジボアール戦でも感じたけど相手は日本を徹底研究している。

それは薄くなった両サイドから仕掛けることもそうだけど、カウンターとなる起点というかポイントをボランチから2列目、特に本田にボールが入る瞬間にインターセプトをすること。日本代表のゲームではボランチから本田をパスを通す距離が比較的長めで本田はパスを受けるときほとんど動かない。
ボールが足下に入ってしまえば裁けるだろうが足下に来る前にインターセプトされるか潰されてカウンターを食らう。相手にしてみればそこからなら足の速い選手はほとんどいないため効果的なカウンター攻撃をすることが出来る。

シーンを切り貼りすれば単なるパスミスや精度に見えるけど明らかに意図もってマークしている。
ギリシャやコロンビアでもまったく同じポイントを狙われていた。まるで修正できていない。そりゃやられるよ。
日本は攻撃の意図くらいは感じ取れたが、相手の研究を本当にしたのだろうか?自分たちのサッカーを信じるのも結構だけど格上相手に弱点を突かず勝負をするのは無理があったのではないか?そんな事を負けて真っ先に感じた。


jjj850 at 12:55│Comments(7)サッカー観たりやったり 

この記事へのコメント

1. Posted by TOGO   2014年06月25日 21:52
研究されてましたね。
2点目も3点目も、本田が奪われての逆襲でした。
ぺケルマンのハーフタイム2枚替えにもしびれましたよ。勝負師だなと。
っていうか、同点にされてカッとなったというか、本気出しちゃった感じかもしれませんが。

そう考えると、「3戦で使うところがない」とカズを外し、「守備的に行く」と俊輔・内田を外した岡田は、まだ相手が見えてましたね。
ザッケローニは、3戦×勝ってる・同点・負けてるの3パターンで交代を考えて選手を選んでいたのか、結果を見るとはなはだ疑問です。相手あっての戦いなのに…。


はぁ〜、それにしても残念!
やられたことを受け入れられず、四次元的なことが起こらないとも限らないので、念のため9時からのNHKの放送でもう一度試合を見てみましたが、まったく同じ展開でやられてました(笑)
恐ろしいまでのデジャブを体験しましたぜ…。
2. Posted by J(MS)   2014年06月25日 22:47
漫画キャプテンの丸井キャプテン時代に予選で負けるのによく似ていた。

相手をまるで研究していない。
そりゃ力を発揮していないように見える。隅谷二中と同じだよ。

ホント残念。ザコ相手のエキシビジョンマッチの勝利で満足しているチームが簡単に勝てるとは思っていなかったけど、3戦とももう少し好勝負できると思っていた。
こうなると岡田監督の采配が光ってると思う。チームの力を引き出すという意味で。
3. Posted by zin   2014年06月26日 09:23
マスコミのあおり方が「大東亜戦争」当時の新聞のようで笑っちゃうよ。
この情報化社会の中でも、マスコミに騙されて”強い日本”だと思い込まされてしまう国民性にやや危機を感じるワイ!!
4. Posted by J(MS)   2014年06月26日 17:45
そのマスコミも一斉に手のひら返し。
いつもながらの戦犯捜し。アホらし。

強いか弱いかは結果が示すもの。

未だ零戦・大和が最強の兵器と信じ込んでる人間がいるのと同じよ。
5. Posted by zin   2014年06月26日 18:43
その名前の前に”コスモ”と”超弩級宇宙戦艦”が付くと最強になるがね・・・wwww
6. Posted by TOGO   2014年06月26日 19:22
あ、キャプテンだかプレイボールだかのエピソード、俺も思い出してました!
1回戦の弱小校が「す、墨谷が俺達を研究!?どうしようってんだ…」って言ったヤツ!!

強者はいかなる時でも相手を甘く見ず、謙虚に臨むものです。
コートジボワールやコロンビアには、その姿勢を感じました。
7. Posted by J(MS)   2014年06月26日 20:59
zinさん>
そう、波動エネルギーがあれば・・・
日本の技術力はそれなりにあったけど工業力がね。

TOGOさん>
そうそうそんなシーン。
墨谷は慢心から予選で負ける。
コロンビアはもとより、ギリシャもコートジボアールも本当に研究していた。
日本の失点シーンにはいずれも長友が映ってないでしょ。本田にボールが入ると長友がオーバーラップする、その瞬間を狙われたから戻れない。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔