2014年06月20日

弱いから負ける

今日の朝ほど日本中が落胆した日は無いだろう。
前半38分には相手が一人減って、ボール支配率は70%。「落ちついていけば勝てる!」
みたいなもっとも危険な空気がその後延々と続く。そしてギリシャは自力予選突破が残り勝利に近いドロー、日本は限り無く予選突破が困難なドロー。

戦術、采配、選手のコンディションなど色々ある。
でも一言で言えば勝利する強さが無かったのだ。

「今日は前回より自分たちのサッカーが出来た」という人はいるかもしれないが、本番が終わってから調子が上がってきても何の意味も無い。ボールの支配率に満足しても、それは三振を取っても勝ち投手になれないように得点しないで勝つ方法はどのスポーツにもありえない。

ヌルい練習試合で勝ってきたことによってこのチームは少しずつダメになったと思っている。同じメンバーなのにAFCの頃の強さは完全に抜けきってしまった。
「強いチーム」、「自分たちの力を出せば(信じれば)勝てる」、「チームの状態は良い」こんな言葉並ぶ時点で非常に危うい。
無理に卑下する必要は無いけどチャレンジャーの立場のチームが横綱見たいな事を言っている時点で認識がおかしい。「ベストを尽くす」「明日走れなくなるまで追いかける」「相手を格上と思って全力でぶつかる」こんなコメントが本来は出るものなのだ。
「自分たちの力」を出したって勝てないし、相手関係で力を出し切れないのがスポーツだろうに。

ザックジャパンはチーム作りに失敗した。実力以上の自信(つまり過信)とメンバー同士が競合しない仲良しグループを作る事で最も重要な「必至になるメンタリティ」を失った。これではテクニックがいくら向上しても勝てない。


jjj850 at 18:30│Comments(2)サッカー観たりやったり 

この記事へのコメント

1. Posted by TOGO   2014年06月22日 12:44
「自分たちの」が強調され過ぎて、勝負であることが置き去りにされてしまいましたよね。
「勝ちゃあ、何でもいい」という人間が少しくらい交っている方が、集団として健全だったかも。

”勝負師”タイプの監督と、日本は縁がないな〜。
金はあるんだから、W杯で勝利経験がある人を雇えないものか。
まあ、そういう人からしたら、日本は”匂いがしない”んで、そそられないんだろうが^^;
2. Posted by J(MS)   2014年06月22日 16:48
ビッグクラブ(控えだけど)で活躍する俺たちが力を出し切れば勝てる!って思いがチームをおかしくしている。

ザックの方針も実績重視かコンディション重視か良くわからないし、最後の最後で迷っているのがチームの迷いになっているのかもしれない。

まだ終わってないけど次の監督は成りふりかまわない監督になって欲しい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔