2011年01月30日

勝負強い

強かったAFCのザックジャパン。
試合内容より結果が重要。このチームはかなり強い。
松井、香川というアクセントを失ってさすがにオーストラリア戦は8割防戦だったけど川島が当たっていたこともありギリギリのところで死守していた。

延長でなんとなくPK戦のような気がしていたけど長友からのクロスをリがダイレクトボレー。真夜中にしびれた。あれ、練習でもあんなコースには簡単には打てないと思う。

予選から気迫やまとまりが無い。
個人的にはそういう感想だった。

初戦でザッケローニが試合を重ねると強くなるという勝利監督インタビューを見ていたけど内心「そんなワケねーだろ」と思っていたが、インタビュー通りになった。名将とはこういうものか。

川島が退場しなければ川島がMVPだったと思うけど、MVPは本田で順当だろう。
ゴールもしていないしFKも良くなかったけど攻めも守備も献身的でこんな仕事もできるのかという可能性を感じる。遠藤が自由に出来たのも本田の役割が大きい。

海外で活躍する選手が増えたことも試合の組み立て方が単調にならないという面で大きい。
今大会失点から始まる試合が3試合あったけど、あれは攻めた結果としての失点。今まではまず守りから入ってリスクを負わない攻めで点を取れみたいな戦術だったけど状況に応じて変化(決勝はそうもいかなかったが)させられる戦術というのはチーム全体が1ランク上がったような気すらする。

3年後のW杯ではメンバーが変わっていると思うけどザックジャパンはより強くなっていると思う。楽しみだ。


jjj850 at 10:24│Comments(0)サッカー観たりやったり 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔