2011年01月22日

期待を裏切られる

昨日のカタール戦、アジアカップという大したことのない国際大会。
ザックジャパン最初の国際大会、負けても笑って許されるレベルだ。
まさかこんな展開になろうとは。

序盤はカタールのプレスがきつく、いい形が全く作れなかった。
そして先制点を取られてようやく本気になった日本。
この代表チームはギリギリになるまで闘志を出さない特徴がある。

1-1から吉田の余計なファールで10人、それもそのFKで点が入るという典型的な負けパターン。1-2ダメか・・・・
TVで松木さんが壁の事を解説していたけど、松木さんは地味にディフェンスに関してはいつも適切だ。あれなら壁はない方が良かった。

2点目を取られ松木さんの解説に関心をしながら、ここで巻き返せるのはアントラーズだけだみたいに勝手なネタ作りをして眺めていたら以外と運動量が落ちてない。チームが若いし、個人レベルのチャンスがあるからなのだろうか。
無駄なパス回しが減り個人で勝負する場面が多くなったそのとき混戦の中で香川が抜けだし冷静に決める。

この同点弾は光った。

シンプルなパス、ゴール前の混戦、個人技。サッカーの技ありゴールはこのパターンが多い。

一人少ないとはいえこの同点弾でいつもなら守りにはいってPK狙いかと思いきや香川のゴールでカタールDFは妙にバランスを崩しチャンスがたびたび訪れる。40分過ぎ興奮の3点目。
前半、後半のロスタイムや終了5分前に点の取れるチームは強い。
良い意味で期待を裏切られた。

この日本代表は強い。
監督の采配ということもあるんだろうけど、チームの若さが最大の武器になっていると思う。若いからこそ攻める姿勢が維持できる。
代表の人気が落ちていると言われてずいぶん立つけど、これは人気が盛り返すぜ。

ただ、主要な選手が海外でプレーしているためJリーグへの還元がないのがチト寂しい

jjj850 at 09:24│Comments(0)サッカー観たりやったり 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔