2010年07月03日

初めて見た

今朝のウルグアイ対ガーナ戦、サッカーのレベルという点では昨晩やっていたブラジル対オランダにはまったく程遠いものだったが勝利への執念という点ではかつてないものだった。

今朝は早朝からテニスとフットサルのために5:00起床して観戦していたが、そのウルグアイとガーナの試合でそれは起こった。
延長後半のロスタイム、ガーナ怒濤の攻撃。ペナルティエリア内でガーナがシュートの嵐を撃ち込んでいたが3本目のシュートはまるでバレーボールのようにフィールドプレイヤーがはじき出していた。
誰が見ても一発レッドで当然そうなった。

延長後半ロスタイムだから選手が減っても体勢に影響ないとはいえ素人じゃあるまいしキーパー以外が手ではじき出すシーンを始めて見た。

結果的にこれは正解だった。
ガーナのギャンがそのPKを外し、その後のPK戦でウルグアイが勝ってしまったのだ。

しかし、こんな卑怯なプレーがまかり通ってはサッカーそのものがおかしくなるんじゃないか?
そう考えさせられる。
それと、ウルグアイというチーム。それだけじゃなく非常に狡猾。これはどのチームも油断ならないぜ。

jjj850 at 15:28│Comments(0)サッカー観たりやったり 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔